会社印 必要

会社印は必要です

うちの会社って、まだまだアナログな仕事のやり方をしています。

 

稟議書とかを紙の書類で回送したり、請求書には朱印を押すとかしています。
外資系の企業だと、捺印ではなくサイン(署名)でしょうし、システム化の進んでいる企業なら、稟議も電子決済で行ったり、請求書も印刷のみで発行したりしていると思います。

押印女性事務員

 

ですので、うちは印鑑を押す回数が、そうした近代的な企業と比べて多いと感じています。
もちろん、使用頻度の多い、少ないではなく、会社印は必要です。
実印や角印に始まって、訂正印など社内で使用する印鑑の種類をしっかり確認して
揃えておくべきです。

 

社印は、契約書や届出書、行政への申請書といった正式文書に押しますが、曲者といいますか、けっこう面倒な存在が角印なんですね。

 

角印については、最後に少し補足しておきますね。

角印が必須ではない場面もあります

請求書自体は、朱肉で押印することが必須ではありません。
実際には、請求書に角印を押印して発行している会社は多いと思っています。
うちの会社でも、システムから印影付きで出力した請求書で統一するって決まった際に、多くの社員から「それはおかしいんじゃないか?」とか「お客さんに怒られる」といった声がたくさん出ました。

 

でも、全社一斉にしっかり案内したので、特段のトラブルはありませんでした。
話せば解るってことですね。

 

むしろ、うちの社員の方が、自分たちが時代遅れだったんだって意識するようになったようでした。

 

とは言え、社印や角印は必要です。
新しい会社の方も、買い替える必要のでてきた方も、慌てないように作っておくことが大切です。

印鑑を買えるお店って、

お付き合いのある印鑑屋さんをご存知なら、まず当たってみましょう。

 

ただ、今ですとネットで購入するのが早くて便利です。
有名店であれば、安心して買っていただいて問題ないと思います。

 

ここでは、お薦めのネット通販ショップをご紹介しておきます。
うちも頼っています。

 

会社印鑑のことなら、即日発送可能な「会社印鑑ドットコム」

 

  • 会社印の専門店です。安心して購入できます。
  • 品揃え豊富です。セットで買われる会社が多いようです。
  • ネット通販なので、年中無休と言いますか、いつでも注文できます。



 
 

印鑑ネット通販のハンコヤストアドットコム

 

  • こちらも、会社印で実績のあるお店です。
  • 安さに自信をもっているお店でもあります。
  • 急ぐ場合の即日出荷も相談可です。



 

角印の扱いが雑になりがちです

うちの本社では、各部署毎くらいに角印があります。
部門長責任で押印するわけですから、部長秘書かそうした位置付けの社員が管理しています。

印鑑と朱肉

若い社員とかが、勝手に、手軽に押印したりすることのないように、当然の管理です。
でも、これまでにも角印が行方不明になったことが何度かあります。

 

本当に紛失したのであれば、それが使われない限り割り切ってもいいのかもしれませんが、
やはり問題です。
誰かが押印を代行したり、他の社員から見えるところに仕舞ってあるとかが遠因になって、
ある時「角印ないけど、誰が持ってんの?」といったやり取りから発覚するんですね。

 

社印や部門長印は、実印と同じですから、そうそうルーズな管理にならないと思いますが、角印は油断しがちです。
請求書をたくさん発行する支店や営業所であればなおさらでしょう。

 

一方で、稟議書への捺印など、急ぐ時に限って押してもらえないといったケースはよくあります。
管理というより運用の問題なのですが、印鑑が必要な業務は、思わぬところでつまづいたりするものですね。

 

会社印自体はネットで簡単に、しかもいい品物が買えます。
ですが、管理するのは人間ですから、買ってからの保管や運用にはくれぐれも注意してくださいね。